ORGANIZATION & WELFARE

教育制度・福利厚生について

社員一人ひとりの成長を支援するため、数多くの教育制度を用意しています。
基礎作りから始まり、それぞれのキャリアビジョンや強みに沿って体系的に
スキルを習得できる充実した研修体系をご紹介します。
また、社員一人ひとりが活き活きと働くための福利厚生制度をお伝えします。

教育制度 ORGANIZATION

研修制度

プロフェッショナル人材の基礎作りプログラムの1つとして、スキル向上研修(IT、業務、ビジネス)があり、
体系的にスキルを習得できる充実した研修体系となっています。

ITスキル研修。システムの企画・開発から運用までのITに関する知識・技術習得を目的に、当社のITエンジニアとして必要な研修を受講することができます。研修内容の一例。プログラミング言語研修、プロジェクトマネジメント研修、システム要件定義研修。 ITスキル研修。システムの企画・開発から運用までのITに関する知識・技術習得を目的に、当社のITエンジニアとして必要な研修を受講することができます。研修内容の一例。プログラミング言語研修、プロジェクトマネジメント研修、システム要件定義研修。
業務スキル研修。東京海上グループのITエンジニアとして必要な保険知識、保険業務について、レベルに応じた研修を実施しています。研修内容の一例。代理店業務研修、損保ゼミナール、保険の商品知識研修。 業務スキル研修。東京海上グループのITエンジニアとして必要な保険知識、保険業務について、レベルに応じた研修を実施しています。研修内容の一例。代理店業務研修、損保ゼミナール、保険の商品知識研修。
ビジネススキル研修。当社のITエンジニアとして必要なビジネススキルを「コンセプチュアルスキル」「ヒューマンスキル」に分類し、業務に即した実践的なラインナップを準備しています。役割に応じて段階的にスキルを身につけていきます。研修内容の一例。マネジメント研修、チーム力研修、問題解決力研修。 ビジネススキル研修。当社のITエンジニアとして必要なビジネススキルを「コンセプチュアルスキル」「ヒューマンスキル」に分類し、業務に即した実践的なラインナップを準備しています。役割に応じて段階的にスキルを身につけていきます。研修内容の一例。マネジメント研修、チーム力研修、問題解決力研修。

キャリアアップ支援制度

導入研修、階層別役割研修

導入研修では、「自ら考えて動ける新人」を育成するためにIT・業務・ビジネスの基礎スキルから学びます。その後も、階層別に役割研修を行い役割発揮のためのフォローを行います。

アドバイザー制度

新入社員一人ひとりに、1年間同じチームの先輩社員がアドバイザーとなり、仕事をはじめさまざまなフォローを1対1で行います。

メンター制度

自分の組織以外の社員がメンターとなり、先輩社員との関係(斜めの関係)を構築し、働き方に関する気づきを得る機会を提供しています。

社内研究活動

最新のITに関する研究テーマを設定し、社内メンバーで研究するとともに、発表会で研究成果を共有しています。

社外活動の推進

社外のセミナーや研修だけでなく、1年間の社外研究会への参加を推進しています。専門性習得と共に他社との研鑽を積極的に支援しています。

資格取得支援

福利厚生を含めて、会社が資格取得を支援しています。

キャリチャレ面談

成長を実現するために、1年を通じて成長を支援するキャリアデザイン&業務・自己成長チャレンジ(キャリチャレ)制度があります。将来のありたい姿と会社、組織、チーム目標を融合させた個人目標を設定し、実現のために上司と面談をします。

支社代理店留学

東京海上日動の課支社や、代理店さんに留学し、ビジネスを体感する事で新たなビジネス提案や気づきを得る機会があります。

人材育成ワーキンググループ

各部に人材育成推進役がおり、人材育成についての検討推進をしています。

東京海上グループ研修

東京海上グループ会社と合同で研修やワークショップを行い、一体感の醸成と研鑽をしています。

グローバル人材育成支援制度

グローバル人材育成プログラム

国内外問わず活躍できるグローバル人材を育成するため、語学力・ITスキル・業務スキル向上に向けた各種研修があります。

福利厚生 WELFARE

各種休暇制度

充実した仕事を行うためには、一定期間のリフレッシュを図ることが必要です。当社では年次有給休暇に加えて特別休暇を用意しています。

特別連続有給休暇
年間に2回、連続して5日間の休暇を取得することができ、全社員の取得率はほぼ100%
記念日休暇
社員個人が自由に特別な日を指定し、当該日に取得できる休暇
リフレッシュ休暇
勤続年数に応じた、最大15日間の連続休暇
プロジェクト休暇
プロジェクト終了後に英気を養うために取得できる2日間の休暇
社員の声
年2回の5連休は必ず取得しており、毎年家族で海外旅行に行っています。
近年はヨーロッパを周遊しています。プロジェクトが終わるとリフレッシュ休暇を取得することもでき、
充実したワークライフバランスを実現できる環境です。

カジュアル・エブリデー

当社のカジュアル・エブリデーは「派手なデザイン・柄・色合い等、お客様や職場に不快感や違和感を与える服装は着用しない」というルールのみで、こうあるべきという細かい規則は定めていません。

社員の判断にまかせ、普段はカジュアルで働いたり、社外の方と会う場合にはスーツを着用するなど、TPO(時、場所、場合)に応じ、適切な服装を使い分けています。

社員の声
オフィスでは私服で過ごす人がほとんどです。
カジュアルな服装でいられることで気持ちも明るくなりますし、新たな発想が生まれやすく、
仕事の効率化にも繋がっていると感じています。

カフェテリアプラン(福利厚生自由選択制度)

社員にとってよりよい福利厚生を実現するため、社員の意思で自由に選択できる「カフェテリアプラン」を導入しています。各自に付与されたポイントに基づいて、個人の志向やライフスタイルに合ったプランを、自分の意思で組み立てることができます。

幅広い選択メニュー
カフェテリアプランの運営やメニューの提供は外部にアウトソーシングすることで、レジャーだけではなく、スクール及びカルチャー、育児支援など、自社だけでは提供できない幅広いメニューを取り揃えています。
社員の声
子どもがいますので、ベビーカーのレンタル等でこの制度を活用しています。
ジムの利用や資格支援制度など、人によって必要なものを選択できるため、とても便利な制度です。

マイチョイス制度(勤務時間自由選択制度)

裁量労働制を導入しており、多くの社員は適用されていますが、適用されていない社員には、勤務時間帯を選択できる「マイチョイス制度」を用意しています。 プライベートな予定にでも勤務時間を選択することができるため、適正なワークライフバランスの実現にも寄与しています。具体的には、所定労働時間勤務(7時間)を前提として、10パターンの出社/退社時刻から選択(出社時刻は7:00~13:00の間で30分ごとに設定)して勤務することができます。

また、マイチョイス制度以外でも、社員一人ひとりが活き活きと健康で働けるよう、社員の健康増進(健康チャレンジ)やメンタルヘルスケアの推進、リラクゼーションルームの運営など、社員の健康保持につながる環境づくりを行っています。

社員の声
通常は定時(9:00~17:00)で出勤していますが、
前日までに連絡することで、出社時間を前後に変更することができます。
急用が入った際にも柔軟に対応できるので、とても助かっています!

TOKIO MARINE NICHIDO SYSTEMS CO.,Ltd RECRUITING

まだ見ぬ可能性を「Design」する。

「本質を追求し深化と進化を」